犬用トイレシート:ユニ・チャーム製と格安アマゾン・ブランド両方使って出した結論

dog_toilet コスパ商品とサービス

トイレットシートを色々と試してみたが、安物買いの銭失いを繰り返す羽目に。

もちろん、実際に損をした、という経験はないが、トイレシートに求めるものが、ワンコの尿を吸い取り、匂いが一切しない状態に限りなく近づける、というのであれば、安いトイレシーツはお勧めできない。
犬用トイレシーツは消耗品なので、結構ランニングコストがかかる。室内愛玩犬用のレギュラーサイズのユニ・チャーム112枚入りが、私の自宅そばのスーパーでおよそ1,400円。税込みにすると、1,540円だ。1枚13.8円のコストがかかることになる。

ところが、下図のような割安な犬用トイレシーツも売っている。例えば下のアマゾンオリジナルの製品は、1枚当たり7円だ。しかも星印・レビューともに評価が高い。
私もアマゾンの製品ではないが、類似の比較的安いトイレシーツをいくつか試してみた。確かに1回使い捨てと考えればよいのかもしれないが、それでも上述した匂いがしない快適な環境にすることができなかった。

格安犬用トイレシーツが適さない生活環境の人とは

私が1回使い捨ての格安トイレシーツに満足できなかったのは私の住環境によるところも大きい。必ずしもトイレシーツ自体の品質だけが問題だったわけではないのだ。

私が格安トイレシーツと相性が悪かった理由は下記の通りだ。

  • 家を留守にする時間が長い
  • 人よりも匂いが気になる
  • (トイレシーツの品質問題として)おしなべて、吸収能力が低い

枚数かつコストで購入しましたが、今迄色々他社購入の中、ここまで吸収の悪さにびっくり!です。開発者の方々、お試ししているのか…疑ってしまいます。今回良い勉強させて頂きました

[Amazonブランド]Wag ペットシーツ 薄型 レギュラー 1回使い捨て  レビューより 2019/12/25

ちょこちょこするので薄くてもコスパの良い商品を毎回購入しています。取り替えないと次に用を足してくれないので1・2回で取り替えます。でもこの商品は1回分の量も吸収してくれません。吸収速度も遅い。端っこの方にした日には流れ出します。

[Amazonブランド]Wag ペットシーツ 薄型 レギュラー 1回使い捨て  レビューより 2019/12/25
unicharm_sheets

ユニ・チャーム製が優れている点

ご存じのようにユニ・チャームは女性用製品の製造販売で名が知れ、赤ちゃんのおむつなどに製品の幅を広げていった。おむつ、トイレシーツともに共通するのは「吸収する機能」で、ユニ・チャームはこの機能を持つ製品に強いのだろう。

ペット用のトイレシーツとおむつに目を付けたのは偶然ではないはずだ。ユニ・チャームは実は缶詰タイプのドッグフード市場に参入しており、当時世界のトップブランドだったマーズ社のペディグリーブランドを、日本市場で脅かすほどの存在だったのだ。そのユニ・チャームが同じペット関連であるペット用トイレシーツとおむつ市場に参入しても不思議ではない。

吸収力

前述のとおり、ユニ・チャームのトイレシーツの吸収力は抜群だ。何度か誤ってトイレシーツを雨ざらしにしてしまったことがあるが、その時は、トイレシーツがパンパンになるまで雨を吸い込んでいた。同社のトイレシーツのパッケージには3回分の尿を吸収できるとかいてあるが、その10倍程度は容易に吸収できるのではないか。

匂い防止

トイレシーツで私が最も気にするのが、「におい」である。しっかりと尿の匂いを封じ込めてくれるトイレシーツでないと、室内犬の場合、大変不快になる。ユニ・チャーム製品でもトイレシーツにあらかじめ香料が含まれている製品群もあるが、私はこの香料の匂いも嫌いだ。そのため、無臭の製品を使っているのだが、シーツが無臭でも、しっかりと尿の匂いは閉じ込めてくれる。

使い捨てタイプよりもランニングコストは安く済む

上述のコスト比較を再掲すると、ユニ・チャーム製のトイレシーツが13.8円、アマゾンブランドのトイレシーツが7円。ユニ・チャーム製は、アマゾン製の2倍の価格だ。しかし、ユニ・チャームの製品は1日に1回交換するだけで十分だ。もちろん、犬種にもよるだろうが、我が家の体重2キロ半のワンコは、代替1日に1回の交換でトイレシーツからの不快なにおいなどが漏れることはない。

格安トレイシーツは1回ごとに交換する必要があるから、1日3枚程度必要になるだろう。そうすると、1日当たりのコストに換算すれば、次のようになる。

  • ユニ・チャーム トイレシーツ 13.8円/日
  • アマゾン 使い捨てトイレシーツ 21円/日

1日当たりのランニングコストを考慮すると、ユニ・チャーム製品のほうが、私のような使い方をするドッグオーナーにとっては、割安であることがわかる。

ユニ・チャーム製のデメリット

もちろん、ユニ・チャーム製のトイレシーツにも不満はある。それはひっかきに弱いことだ。
我が家の犬は、飽きると暇つぶしにトイレシーツを引っかく癖がある。何度も注意するが一向に効き目がない。ユニ・チャームのトイレシーツは、犬が引っかくと中から、白い粉上のものがあたりに散らばってしまうのだ。

メーカーにしてみれば、高い吸収力を実現するトイレシーツのためには、この白い粉末がたくさん入っていることが必須なのだろうが、これがあたりに散らばると、掃除が思いのほか面倒ください。
かといって、放置しておくと、その白い粉が犬に悪影響を及ぼすのではないかと心配になってしまうので、結局のところ、こまめに片付ける羽目になる。

まとめ

  • ユニ・チャーム製は1枚13.8円 使い捨てアマゾン製は1枚7円
  • 使い方によっては、ユニ・チャーム製のランニングコストのほうが低い
  • ユニ・チャーム製は吸収力だけでなく、消臭機能が優れている
タイトルとURLをコピーしました