アマゾン(Amazon) 株主への手紙2018その2:小売店進出とAlexa(アレクサ)開発秘話

amazon_logo 投資

アマゾン(Amazon) 株主への手紙2018その1:クラウドサービスへの情熱 に続き、アマゾンCEOのペゾスは、アマゾンの小売店への進出、AI搭載の Alexa(アレクサ) とEcho(エコー)、従業員への投資について語る。

  • Amazon Go で、小売店舗へ進出
  • レジのないコンビニを、ハイテク技術で実現

不可能を想像する

今日のAmazonは、世界の小売業界ではいまだ小さな存在にすぎません。私たちは小売市場におけいては一けた台の数字を占める存在にすぎず、私たちが事業を展開しているどの国にもはるかに大きな小売店があります。その大きな理由は、小売店の90%近くがオンラインショップでなく、実店舗を持つ小売店であるためです。私たちは長年、実店舗でどのようにお客様にサービスを提供するかを検討してきましたが、まずはその環境でお客様に喜んでいただけるようなものを開発する必要があると感じました。Amazon Goは明確なビジョンを持っていました。小売業で最悪なのが、レジの列です。並んで待つのが好きな人はいません。代わりに、私たちはお客様が店に入り、欲しいものを手に取って店を出る、という店舗形態を想定しました。

アメリカS&P500の底力:高値掴みでも年9%超の利回り
2019年12月現在、アメリカのS&P500とダウ平均株価はそろって史上最高値を更新している。株式投資を始めたいが、このように株価が高値圏にあるときに、果たして投資を開始して報われるのだろうか?S&P500インデックスファ...

その構想にたどり着くまでは大変でした。技術的に難しいのです。技術的問題の解決には、世界中の何百人もの頭脳明晰で献身的なコンピューター科学者とエンジニアの努力が必要でした。独自のカメラや棚を設計して構築し、何百台ものカメラの画像をつなぎ合わせる機能など、新しいコンピューター・ビジョン・アルゴリズムを開発する必要がありました。こういった努力は報われ、お客様から、Amazon Goでの買い物を「魔法のよう」と評していただきました。今ではシカゴ、サンフランシスコ、シアトルに10店舗を構え、このビジネスの将来に大きく期待しています。

アマゾンは、小売店舗進出プロジェクトの一環として、アメリカの高級スーパーであるホールフーズを2017年に137億ドルで買収し、小売店への攻勢を強めている。

失敗も計測する必要がある

  • Alexa(アレクサ)はAmazonが開発したAIアシスタント
  • Alexaを搭載したデバイス機器がEcho(エコー)
  • 初代Echo以降、1億台以上のAlexa対応デバイスが販売

企業が成長するにつれて、失敗した実験の規模も含めて、あらゆるものが拡大する必要があります。失敗の規模が拡大していないのであれば、実際には針を動かす程度の小さな規模での開発をすることはできません。Amazonは、その企業規模にふさわしい規模の実験を行い、結果として時折数十億ドル規模の失敗を経験することもあります。もちろん、このような実験をむやみに行うつもりはありません。良い賭けをするように努力しますが、すべての良い賭けが最終的に報われるわけではありません。このような大規模なリスクテイクは、大企業としてお客様や社会に提供できるサービスの一環です。株主にとっての朗報は、1回の大きな賭けで多くの失敗のコストをカバーできることでしょう。

Echoを求めているお客様はいませんでした。そのため私たちは右往左往することになりました。市場調査は役に立ちません。2013年にお客様に対して、「キッチンに置いておくことができる黒いシリンダーをどう思いますか?ポテトチップスの筒ほどの大きさで、それに向かって話しかけたり質問したりできます。電気をつけたり音楽を流したりもできますよ」と言ったとしたら、お客様はきっと顔を白黒させて「いいえ、結構です。」と言ったはずです。

初代Echo以降、1億台以上のAlexa対応デバイスをお客様は購入しています。昨年、Alexaがリクエストを理解し、質問に答えられる能力を20%以上改善し、数十億の情報を追加してAlexaをこれまで以上に知識豊富にしました。技術者はAlexaの能力を8万以上と倍増させ、2018年には前年に比べてお客様は何百億倍も Alexaに話しかけました。Alexaが組み込まれたデバイスの数は2018年には2倍以上に増えました。現在、ヘッドフォン、PC、自動車、スマートホーム機器など、Alexaが組み込まれた製品は150種類以上あります。これからもどんどん増えていくでしょう!

スタバ並みのコーヒーを一杯60円で楽しむ方法
1990年代アメリカで生活をしていた頃、コーヒーはおいしいものではなかった。レストランでコーヒーを注文すると、ウェイトレスが大きなコーヒーカップに並々とコーヒーを注ぐ。その味は、日本流にいえば、出がらしのお茶だ。そして、半分ほどコーヒーを...

手紙の最後に一言。20年以上前に最初の株主への手紙で述べたように、私たちの焦点は、オーナーのように考えることができる多彩で能力のある従業員を雇用し、維持することにあります。そのためには従業員への投資が必要であり、Amazonの他の多くのことと同様に、分析だけでなく直感や情熱をもって事業を前進させる道を見つけていきます。

昨年、全米のフルタイム、パートタイム、臨時、および季節従業員の最低賃金を時給15ドルに引き上げました。この賃金引き上げにより、25万人以上のAmazon従業員と、昨年のホリデーシーズンに全米のAmazonサイトで働いた10万人以上の季節従業員が恩恵を受けました。私たちは、この従業員への投資は、私たちのビジネスに恩恵をもたらすと確信しています。しかし、それが昇給の決定を導いたのではありません。私たちは常に競争力のある賃金を提示してきました。しかし私たちは、競争力を超えた賃金を提供することが先決だと判断しました。私たちがその判断を実行したのは、それが正しいことのように思えたからです。

アマゾンの従業員数は2017年9月末時点で54万人を超えており、ウォルマートの220万人に次ぐ全米2位の雇用主になっている。アマゾンにとって、従業員確保は死活問題でもある。

私は競合する小売業のトップ企業(どの企業かは、おわかりでしょう!)に、アマゾンの従業員の福利厚生と15ドルの最低賃金に対抗するようけしかけたいのです。ぜひ私たちに対抗してほしいのです。いえ、もっと良いのは、16ドルまで賃金を引き上げて、私たちに挑戦してほしいのです。これは、すべての人に利益をもたらす一種の競争になるでしょう。

従業員のために導入したその他のプログラムの多くは、合理的であるとともに誠意をもって提供されています。。私はCareer Choiceプログラムについて触れたことがありますが、これは授業料の最大95%を資格のある学問分野の証明書や卒業証書取得のために支援するプログラムです。その学位取得などにより、その社員がAmazonを離職することになっても、社員は需要のあるキャリアを手に入れたことになります。現在、16,000人以上の従業員がこのプログラムを利用しており、その数は増え続けています。同様に、キャリアスキル・プログラムでは、レジュメの書き方、効果的なコミュニケーション方法、コンピュータの基本などの重要な職務スキルの研修を時間給従業員を対象に提供しています。昨年10月には、これらのコミットメントの継続として、 「米国労働者への大統領の誓約」 に署名し、一連の革新的な研修プログラムを通じて5万人の米国従業員をスキルアップさせることを発表しました。

私たちの投資は、現在の従業員にとどまりません。明日の労働力を訓練するために、私たちは先頃発表したAmazon Future Engineerプログラムを含めて、全国の小中高校生と大学生のSTEMとCS教育を支援するために5000万ドルを約束しています。特にこれらの職業に、もっと多くの少女やマイノリティを引きつけることに重点を置いています。私たちはまた、私たちの退役軍人たちの驚くべき才能を活用し続けています。2021年までに25,000人の退役軍人と軍人の配偶者を雇用するという約束を果たすべく、順調に計画を実行しています。また、Amazon Technical Veterans Apprenticeshipプログラムを通じて、クラウドコンピューティングなどの分野で退役軍人の実地研修を提供しています。

お客様におかれましては、株主の皆様におかれましては、一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。また、世界各地の従業員の皆様におかれましては、一層のご支援とご指導を賜りますようお願い申し上げます。アマゾン中のチームが顧客の声に耳を傾け、お客様のために歩き回っています!

タイトルとURLをコピーしました