アマゾン(Amazon) 株主への手紙2018その1:ベゾスのクラウドサービスへの情熱

amazon_jeff_pezos 投資

アマゾンの創業者であり、CEOのジェフリー・プレストン・ベゾス(Jeffrey Preston Bezos)が2019年4月に「株主への手紙」(2018 Letter to Shareholders)を公表した。

アマゾンは、 ナスダック上位100社指数QQQはS&P500を上回る成績 にあるとおり、ナスダック上位100社指数の8.7%を占める(2019/12/28現在)。100万円を同指数に連動するETFであるQQQに投資すると、自動的に8.7万円をアマゾンに投資したことと同じになる。
また、米国ETFで最も投資されているS&P500指数おいて、 S&P500 上位企業の顔ぶれ:上位5社が17%を占める にある上位5社のうちの1社であり、構成比率としてはS&P500社の2.8%を占めている。

そのアマゾン株主への手紙2018から、重要な個所を以下まとめたのでご紹介する。

Apple2019売上高減、バフェットがジョブズにかつてアドバイスしたこと
S&P500の構成リストでご紹介したように、アップルは、S&P500の構成比率でトップの座にに位置し、4.7%を占める(2019年12月現在)。100万円をS&P500連動のインデックスファンドへ投資すると、自動的...

アマゾン株主への手紙:第三者販売者の売上比率が急拡大

  • アマゾンが直販する小売部門の売上高は、年25%の成長(1999-2018)
  • アマゾンが契約する第三者販売者の売上高は、驚異的な年52%の成長 (1999-2018)
  • Fulfillment by AmazonとPrimeメンバーシッププログラム導入により顧客満足度が向上

この20年間で奇妙で驚くべきことが起きました。次の数字を見てください。

2018 Letter to Shareholders https://blog.aboutamazon.com/

1999                3%
2000                3%
2001                6%
2002              17%
2003              22%
2004              25%
2005              28%
2006              28%
2007              29%
2008              30%
2009              31%
2010              34%
2011              38%
2012              42%
2013              46%
2014              49%
2015              51%
2016              54%
2017              56%
2018              58%

これらの数字は、独立した第三者販売者 (主に中小企業) がAmazonで販売した実質的な総商品売上のシェアを表しており、Amazonが直販する小売店部門の売上とは対照的です。売上高に占める割合は3%から58%に増加しました。率直に言うと、
第三者販売者がアマゾン直売部門をひどく脅かしつつあります。

また、 Amazonが直販する小売店部門が1999年の16億ドルから昨年の1170億ドルへと劇的に成長したため、これも高い数字と言えます。この期間の同部門の年平均成長率は25%です。しかし同時に、 第三者販売者 の売上高は1億ドルから1600億ドルに増加し、年平均成長率は52%です。参考のための外部指標として、eBayの同期間の商品総売上高は、28億ドルから950億ドルへと年平均成長率 20%で成長しました。

なぜ独立系の販売業者の売り上げが、eBayでの販売よりもAmazonでの販売の方が多かったのでしょうか?そしてなぜ独立系の 販売業者は、Amazon自身の高度に組織化された小売部門よりもはるかに速く成長することができたのでしょうか?1つの答えはありませんが、答えの中で非常に重要な点が1つあります。

私たちは、独立系の販売者が私たちの 小売部門ビジネスに投資し、私たちが想像し、構築することができる最高の販売ツールを提供することによって、彼らが競争するのを支援しました。販売業者が使えるツール、在庫管理、支払い処理、出荷追跡、レポート作成、国境を越えた販売を支援するツールなどを多数そろえ、私たちは支援ツールを毎年開発し続けています。しかし、非常に重要なのは、Fulfillment by AmazonとPrimeメンバーシッププログラムです。これら2つのプログラムを組み合わせることで、独立系の 販売業者 から購入する際の顧客満足度が大幅に向上しました。この2つのプログラムの成功により、現在ではほとんどの人にとって、この2つのサービスがサービス開始時にどれだけ革新的だったかを十分に理解するのは困難でしょう。これらのプログラムに投資するには、財務上のリスクが大きいため、社内で議論を重ねたのちのことでした。さまざまなアイデアや試行錯誤を試しながら、時間をかけてかなりの額の投資を続けなければなりませんでした。これらのプログラムが成功するかどうかはもちろん、最終的にどのようなものになるかを確実に予測することはできませんでしたが、直感と熱意をもって、そして楽観的に考えながらプロジェクトに邁進しました。

アマゾンの株主への手紙:ペゾスの事業開発手法を明かす

Amazonの創業当初から、私たちは好奇心を持って探求する人々、建築家としての文化を作りたいと思っていました。建築家は発明するのが好きです。専門家であっても、初心者の心を持って「生き生きと」しています。 建築家 私たちが物事に取り組む方法を、今物事に取り組む方法としてとらえます。建築家 の考え方が、成功は反復によってもたらされるという謙虚な確信を持って、大きな解決困難な機会に私たちがアプローチするのを助けてくれます:発明、開始、再発明、再出発、やり直し、やり直し、繰り返し、何度も何度も。彼らは成功への道は決してまっすぐではないことを知っています。

(しばしば実際に起こることですが) ビジネスでは、自分がどこに向かっているのかを把握している場合もあります。その場合は効率的です。計画を立てて実行する。対照的に、ビジネスで右往左往することは効率的ではありません…しかし、ランダムではありません。直感や好奇心に導かれるのです。顧客への見返りは十分大きいので、そこへの道を見つけるのは少し面倒ですが価値があるという深い確信に支えられています。さまよい歩くことは、効率性に対する本質的なバランスなのです。両方を使いこなす必要があります。ビッグヒットのような発見は、一直線にたどり着けるものではなく、右往左往する可能性が高いのです。

ペゾスは、アマゾンの特殊な会議の方法について明かしている。
「会議では、担当者が6ページの書類を準備する。主題、整った文章、能動的動詞が書かれている文章は、ストーリーを構成している。決してリストではないしっかりした文章が要求される。それをもとに議論する。会議の冒頭は、皆が静かにその文章を読む。場合によっては30分沈黙の中、黙々と皆文章を読むこともある。」

アマゾン株主への手紙:AWS事業(クラウドサービス)の開発秘話、事業の発展について

  • AWS(クラウドサービス)は年間300億ドルレベルで急成長して いる。
  • 当初、顧客は誰もクラウドサービスを望んではいなかった。
  • しかし、多くの顧客は、データベースの管理、コストなどに悩まされていた。
  • AWSは商用エンジンと同様のレベル、耐久性を10分の1のコストで提供できる。

AWS (Amazon Web Services) (注:アマゾンが提供するクラウドサービスの名称)  の何百万という顧客は、ベンチャー企業から大企業、政府機関、非営利団体まで多岐にわたり、それぞれがエンドユーザー向けのより良いソリューションを構築しようとしています。私たちは、開発者、開発マネージャー、運用マネージャー、CIO、最高デジタル責任者、最高情報セキュリティ責任者など、組織が何を求め、組織内の人々が何を求めているかについて、多くの時間を費やしています。

私たちがAWSで構築しているものの多くは、顧客の声を聞くことに基づいています。顧客に何が欲しいのかを尋ね、彼らの答えに注意深く耳を傾け、思慮深く迅速にそれを提供する計画を考えることが重要です(ビジネスではスピードが重要です!)。その種の顧客のこだわりがなければ、どんなビジネスも成長できないでしょう。しかし、これだけでは十分ではありません。最大の変化をもたらすのは、お客様が求めていないものです。私たちは彼らのために発明しなければならないのです。私たちは、何が可能なのかについて、私たち自身の想像力を引き出す必要があります。

AWS自体がその一例です。誰もAWSを求めていませんでした。実は世界はAWSのようなサービスを提供する準備ができていて、切望していたのですが、それを知らなかったのです。私たちは直感をもって、好奇心にしたがって、必要な財務上のリスクを取り、何度も作り直し、実験し、何度も試行錯誤を繰り返しました。

AWS内では、同じパターンが何度も繰り返されています。例えば、私たちはDynamoDBを開発しました。DynamoDBは、拡張性が高く、 低遅延のキーバリュー・データベースで、今では何千ものAWS顧客によって使われています。また、顧客の声に注意深く耳を傾けたところ、企業は商用データベースの選択肢に制約を受けていると感じ、数十年前から自社のデータベースプロバイダに不満を持っていたという声が大きく聞かれました。これらの製品は高価で、独自仕様で、ロックイン性が高く、厳しいライセンス条件があります。数年かけて、商用エンジンと同じかそれ以上の耐久性と可用性を持ち、しかもコストは1/10である、完全に管理されたMySQLとPostgreSQL互換のサービスである、独自のデータベースエンジンAmazon Auroraを開発しました。これがうまくいったとき、私たちは驚きはしなったのです。

引用元: Database Software Market: The Long-Awaited Shake-up (Worldwide Global DataSphere Forecast (2019-2023), IDC; and Data Age 2025, IDC-Seagate White Paper for 2024 and 2025 estimates ) https://blocksandfiles.com/

しかし私たちは、特定のワークロードに特化したデータベースについても楽観視しています。過去20年から30年にわたって、企業はほとんどのワークロードをリレーショナル・データベースを使用して実行してきました。開発者はリレーショナルデータベースに広く精通していることから、この技術は理想的ではないにしても頼りになるものでした。最適とは言えませんが、データ・セットのサイズは十分に小さく、許容されるクエリーの待ち時間も十分に長く、うまく機能することができました。しかし今日では、多くのアプリケーションがテラバイトやペタバイトといった非常に大量のデータを保存しています。アプリの要件も変わりました。最近のアプリケーションでは、 低遅延 、リアルタイム処理、および毎秒数百万の要求を処理する機能の必要性が高まっています。DynamoDBのようなキーバリューストアだけでなく、Amazon ElastiCacheのようなインメモリデータベース、Amazon Timestreamのような時系列データベース、Amazon Quantum Ledger Databaseのような元帳型ソリューションもあります。

また、企業が機械学習を活用できるよう支援することにも力を入れています。私たちは長い間これに取り組んできましたが、他の重要な進歩と同様に、初期の内部機械学習ツールのいくつかを外部化する試みは失敗でした。わずか18ヶ月前に開始したSageMakerを見つけられるようになるまでには、実験、試行錯誤、改良、そして顧客からの貴重な意見収集など、何年もの時間がかかりました。SageMakerは、機械学習プロセスの各ステップから重労働、複雑さ、推測作業を取り除き、AI開発環境を容易にします。今日、何千もの顧客がSageMakerを使ってAWS上に機械学習モデルを構築しています。今後も強化学習機能を追加するなど、サービスの充実を図っていきます。強化学習は学習曲線が急勾配であり、多くの可動部分を持っているため、これまで豊富な資金力を持つ技術系の企業などを除けば、ほとんど手が届かなかったのです。好奇心の文化と、顧客に代わってまったく新しいことに挑戦しようとする意欲がなければ、こうしたことはできないでしょう。AWSは今や年間300億ドルレベルで急成長しています。

クラウドサービスでは、アマゾンのAWSとマイクロソフトのAzure(アジュール)が激しく首位争いを繰り広げている。IBM、グーグル、セールスフォースがそれに続き、世界の5強の地位はすべてアメリカ勢が占めている。

アマゾン(Amazon) 株主への手紙2018その2:小売店進出とAlexa(アレクサ)開発秘話

タイトルとURLをコピーしました